2004年 2月12日 木曜日
チーム結成!!
UML知識取得に燃える? 7名が結集。
→ うち数名は Mindstorms で遊べる事に惹かれて参加。
2004年 2月13日 金曜日
さて、チーム名を決めないと。
ん? そう言えば今日が参加募集締め切りだよね? 急げ〜!!
みんな "やる気ムンムン" だから ムンムン に決定! いーんです。 脈絡無くても。
2004年 2月18日 水曜日
同じ地元、金沢工業大学・夢考房さん(夢考房.NET)から5名1チームで参加するとの連絡あり。
若いもんには負けられない。 オトナ(オヤジとも言う)のテクを見せてやる!

キックオフ・ミーティングを開催
コンテストの日程や概要を確認し、チーム方針を決定。
細かい日程はちょっと決められない。 取りあえず、仕事の合間に地道に進めていくしかないなぁ。
数名、長期出張でちょくちょく居ないし。
2004年 2月20日 金曜日
資料CD-ROMが到着
早速、レゴ用CADツール MLCadをインストール。
『ありゃ? 動かないぞ?????』
何かファイルが壊れているみたいなので、Webの総本山からダウンロード。
『おお〜!!!!!』 起動した画面を見てみんなワクワク。
更にMLCadを日本語化するHPも発見。 世界は広い。 必ず律儀な方が居られるもんですなぁ。

第1回UML勉強会を開催
実はメンバのほとんどがUML初心者。
という訳で教材資料を用意してみんなで勉強会を行いました。
絵で解答する例題なんかで、チーム員の思わぬ画伯ぶりに一同大喜び!
2004年 2月25日 水曜日
第2回UML勉強会を開催
例題にレンタル・ビデオ店を題材にしたものが登場。
システムアナリスト午後問題といい、「リファクタリング」といい、
どうもレンタル・ビデオ店は良い題材になるようですな。

この日、チームの参戦記を公開する事に決定!!
主催者様より追加で電池60本をゲット!! 電池は何本あっても有り難い(貴重な?)ものです。
2004年 2月26日 木曜日
お待ちかね!

レゴ チャレンジセットが届きました。
チャレンジセット
チャレンジセットと記念写真 黄色い小箱
感動の対面を果たし、一同で記念撮影 噂の黄色い小箱をゲット!
飛行機作って御満悦 眼鏡?
さてレゴの仕分け開始。 でもすっかり遊んじゃってます。
『おじちゃん、いくちゅ?』 『ぼく 3? しゃい』 の世界ですな。
仕分け完了!! 結局2時間かけて、ようやく仕分けと検収が完了。

さて現実世界 (仕事) に戻りますか。
組み立てたい衝動を抑えつつ、本日の作業は終了。
2004年 2月27日 金曜日
キックオフ宴会を開催

乾杯〜〜〜!!
さ〜、UMLロボコンについて熱く語り合いましょう〜!!
前途多難に乾杯〜!!
インド人? ほーら、結局いつものお馬鹿な宴会...。

ま、いっか。 特別ゲストも参加してるし、
(ゲストは、ダンディなイケメンフレッシュギャルのみ可。
[チーム憲章 第一条 第二項])
楽しくいきませう。
いい気になって注文し過ぎてしまい、
焼きビーフンが食べ切れなくなっちゃいました。
で、注文者の 責任喰いの図 です。

※ 今回行った中華屋はメニューにあるものを何と
注文し放題!!
制限時間も2時間半と長いので
大食漢にはたまりませんな〜。
ほら、喰え!! 注文したのはお前だろう〜
チーム・リーダー 『よし、次はカラオケだ!!』
ほほう、防音の聞いた部屋で熱く語るわけですな。
さて、お題は?
『順番に五十音順でタイトルを選んで歌う事!』


だ〜!! 結局こうなっちゃうのねん。

新たな女性ゲストも一名加わり、
4時間ぶっ続けで大熱唱!!

こうして7時間におよぶキックオフ宴会は終了。
ね〜、これって参戦記だよね? 宴会日記じゃないよね〜?
2004年 2月28日 土曜日
前日の宴会の余韻を残しつつ
UMLロボコンのお題である
パスファインダーの作成を開始!

打ち合わせコーナーのレイアウトを変更して
作業台を準備中。

二人の心はもうメカニック気分!
ピットを構築中!
レゴ用CADツール MLCad レゴ用CADツール MLCad
これには目と耳と口と鼻からウロコが落ちました。

『組み立て図が無くても作れそう』
なんて豪語してたけど、このツールが無ければ
とてもじゃ無いけど作れませぬ。

ようやくステアリング部が出来てきました。
組み立て中! デファレンシャル
だいぶ形になってきました。
分かり難いですが、細かい部品もい〜ぱい
おお〜!! 立派なデファレンシャルが。
というより、付いているとは思わなかった。
パスファインダー完成! 別の角度から

組み立て終了!!


そこそこ組み上げた後に間違いに気づいて分解し直したり、
一致する部品を見つけるのに苦労したりと紆余曲折しながら2時間の時が流れていました。
1時間もあれば出来ると思っていたのに『レゴあなどるべからず』の境地。

『よし、ちょっと手押しで走らせてみよう!』
『おや? ちょっと調整してもう一度』
『おや〜〜〜〜〜!!』

そう、どうしても右に曲がっていこうとする癖があり直進性がない!!
それに鼻先の赤外線センサー周りがとっても外れ易そう!!
そもそもセンサーの位置が低すぎるのでは?
ケーブルの余りが気になるな〜。

『我思う、故にレゴあり』と言わんばかりに、思いが一気に駆けめぐる。


でも、まいっか。 取りあえず完成! バンザーイ!
Copyright (C) 2004 NEC Software Hokuriku, Ltd. Digital Device Solution Group
All Rights Reserved.