第3回 UMLロボットコンテスト
開催概要



日時 : 2004年4月13日(火)
会場 : 青山テピア(東京・青山)
主催 : オブジェクトテクノロジー研究所(OMG日本代表)
共催 : オブジェクト・マネジメント・グループ(OMG)
株式会社永和システムマネジメント
企画/運営 : コンテスト運営委員、技術委員、審査委員
協賛 :   募集中
■目的
 ・UMLモデル図表現の場を増やす
 ・出場者間の交流
■概要
  第3回目を迎えます「UMLロボットコンテスト」はオブジェクトテクノロジー研究所が主催
として行う「UMLフォーラム」の特別イベントとして開催されます。本イベントは、日本の
産業競争力にとって、きわめて重要な意味を持つ、RT/組込ソフトウェアへのUMLの適用
を推進するために、ソフトウェアの設計=実装のコンペを「UMLロボットコンテスト」として開催するものです。
  UMLモデルが、ロボットとして走り、演技し、競い合う、世界でもユニークなイベントです。
モデルと実装を別物と考えていた人も、UMLソフトウェア・ロボットの動きに、モデリングの
パワーを実感されることでしょう。
  昨年は、21チームが参加、スピード部門と障害部門の2つのカテゴリーで熱戦を繰り広げました(http://www.otij.org/event/umlforum/2003/robocon/)
  今年は、昨年以上にモデル図の発表機会を増やし、パネルディスカッションを設けるなど
して参加者相互の交流をさらに深めたいと思っております。
■競技内容
 1.ショートトラック部門
   ・1周約20メートルのコースを走行
   ・チーム並走
   ・ラインはそれぞれのコースに1本引かれている(ここを光センサでライントレースする)
   ・途中に1ヶ所の坂を設ける(上がって下る)
   ・競技は2周の走行タイムを競う
   ・走行体は自立型でコンテスト規定のものをしようする。
 2.エキシビジョン
  参加者:ショート競技者、またはその関係者(UMLの実装教育を目的とする若手など)
  目的:LEGO部品などを用いて自由な発送と目的をもって、UMLモデリングとメカトロ
       システム開発を行い、成果を発表する場とする
  競技ではないため、モデル審査の対象とはなりませんがUMLロボコンメンバーによる
  分析支援を受ける事ができます。
■第3回UMLロボットコンテストの特徴
 1.レースは1競技
 2.審査員から各チームのモデル評価コメント
 3.審査員によるUMLロボコンパネルセッション
 4.表彰 優勝モデルチームには、表彰式にてモデル図説明を行っていただきます。
 5.参加者相互交流 参加者メーリングリストやコンテスト後の懇親会

TOP MENU