第2回 UMLロボットコンテスト

UMLロボットコンテスト 試走会2回目

2003/4/11(土)

10:30-15:00 ショート部門
15:00-16:30 レスキュー部門

場所:東京大学工学部5号館


桜 舞う 春の東京大学

協力:組込みソフトウェア技術者・管理者育成研究会


本番装飾が組み込まれたコース全景

本番では噴火する?


シーサイド・スロープ

ウォーター・フォール

水辺を疾走するUMLロボット

火山 そして、たくましく花崗岩に自生する草

牧場の家々  
コースは、
厚木のアーティストによる作品です

厳しい闘いを演出する今年のコース
闘うエンジニア

日本最強の組込みエンジニアを目指して
27sec/周の映像 レスキュー・マシンの
ライントレース映像
本日、運営委員会が把握したショートトラック部門の速いタイムは、1)22sec 2)28sec 3)31sec でした。
ライトセンサーをいかに速く、そしてなめらかに制御するか、
および直線、カーブ、登り下りでのトラクション・コントロール、
これらを完璧に制御しないと優勝への道は開けません。

手強いレスキュー・コース、イメージ・シミュレーション中
走行、記録、チェック、議論、修正
このイテレーションを繰り返す

センサーのスカート 工夫中です
レスキュー部門 (囚われのお姫様を救出)
調整に苦しみながらも、楽しく闘うエンジニア達

満員御礼
 
 

リフト機構が新タイプとなった”囚われの壁”
お姫様を助けるUMLロボットを待ち受ける火山
レスキューコースは、厚木のアーティストの弟子にあたる
港区のアーティストの作品です。

最終型に近いと思われる参加ロボット
レスキュー部門では、素早い回転による
グラデーション認知を実現するため
前輪駆動、後輪は1つでフリーとなったものが
多いようです。

壁の計測には余念がない。

現物仕様確認は重要です。

第2回試走では、レスキュー部門の各チームが、かなりの苦労をしていたようです。
スピードと正確性が、ほぼトレードオフの関係になっているようですが、
本番で、みなさんの工夫されたアイディアとアルゴリズムが
見られることを期待しております。
ガンバロー!!

運営委員会によるレスキューのテスト映像はこちらです。



スケジュールのページへ戻る